安めぐみの人物・エピソード


申し訳ございません。
現在工事中です

* 「男性が選んだ結婚したいと思う、いいお嫁さんになりそうな女性、のタレントランキング(2006年)」では1位に選ばれた[7]。 * 匂いフェチで、足の匂いさえも「臭いけど平気」となってしまうほどに様々な「男性の匂い」が好きらしい。匂いからその男性の性格や特徴を言い当てるという技能があり、目隠しで手の甲の匂いを嗅ぎながらかなり正確に言い当てた。ちなみに、堂本剛の手の甲を目隠しで嗅ぎ、このひと変わってるー、とすっとんきょうに答え、剛は落胆し苦笑するしかなく、その場は失笑であふれた[8]。また同様のことを堺正章[9]また中尾彬、江守徹に対しても行っている[10]。 * 生まれて初めて好きになったタレントが志村けんと観月ありさ * 生まれて初めて買ったCDは観月ありさの「伝説の少女」 * 内村プロデュース内にて「めぐのやす[11]」という愛称をつけられ「高ポクテン(高得点)」「10ピー(10P = 10ポイント)」などといった発言もした[12]。 * 哀川翔の熱狂的なファンで、レコード・写真集・DVD等多くの哀川グッズを所有しており、哀川の魅力を熱く語ったことがある[13]。 * 水泳が得意。だが青木さやかと2回水泳対決をして2回とも負けてしまった[14]。そのため、自身の公式プロフィールで「特技」として記載されていた水泳は「好きなモノ」に変更されている。 * 美川憲一に不味い料理を食べさせたため「あんた、こんなんじゃ食っていけないわよ」と言われたことがある[15]。しかしながら炊飯器を駆使してバリエーション豊かな料理を作り上げたこともあった[16]。 * デビュー当時から比べると声がかなり変わっているが、扁桃腺の手術をしたことが原因。一度手術をしても再発するため、過去に3回も手術をした経験がある[17]。 * 本人の喋り方などから「おっとりとしている」という印象を持たれがちだが、電車内で痴漢を注意したりできる、とのこと[18]。 * リリー・フランキーやナインティナインの岡村隆史に「安はプリっとしたいい尻をしている」と言われている。 * 東野幸治の繰り出す技「チリチリドリル」の最大の被害者である。お尻に「チリチリドリル」を食らわされて、その後、当然のことながら本気で怒り、放り出し、罵倒し、一度だけビンタもした[19]。 * プロレス興行においてアシスタントをしたことがある[20]。 * 兄が一人いる。 * 左利きである[21]。 * 好きなタイプの男性を妄想で裸にしている[22]。だらしない男性がタイプである。 * 父は東京都出身、母は大分県出身である。 * ミトコンドリアDNAを調べたところFタイプと判明した[23]。 * 「難問解決!ご近所の底力」のVTRで、料理が異常に下手であることが判明し、その後「スタジオパークからこんにちは」でもわざわざこのときのVTRが放送された。これをきっかけに料理教室に通うようになり、現在では料理が趣味になった。 * 一人で居酒屋に行って飲むのが好きで、たびたび一人で訪れているという。飲みながら考えていることは、大体がエッチな妄想との事。 * 剣道を9年間習っていたが、3級である。 * 打ち合わせ中に、両腕をカラダの後ろで組む癖がある。[24] * 原付免許の試験に3回落ちている。(4回目で取得)[25] * 一人で食事をするのは苦にならないが、焼肉だけは痛々しすぎると考え、避けていた。しかし、ある日焼肉が食べたくなり、同行してくれる人を探したが誰も居なかったため、遂に一人焼肉デビューをしてしまった。しっかり堪能し、2時間ほど一人で食べていたということである。[26] * 痛みに鈍感であるらしい。足を踏まれても言われるまで気付かないことがある。グラビアで背中が大きく開いたドレスを着たときにスタッフに切り傷があることを指摘され、「安ちゃん、狙われてるの?」と言われ、そういえばその数日前に慌ててワンピースを着たときになんか痛かったかなあ、と思い出したとか。注射など、予め痛みを感じるよ、と予告されると痛いらしい。[27]

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

便秘 ドライアイ かつら ピロリ菌 ぎっくり腰 生理 豆乳 腸内洗浄 酸素カプセル 黒酢